肌荒れ向けの漢方について

ひどい肌荒れお悩み情報センター

おすすめの漢方や飲み方など

にきびや乾燥肌といった肌荒れを改善する漢方とはどのようなものなのでしょうか。漢方というのは症状のみではなくその原因やその人のタイプによって変わってくることは知っていますか?

肌荒れに良い漢方の種類

例えば当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は体力のない痩せている人、特に女性に向いている漢方といわれています。

当帰芍薬散はホルモンバランスを整え、血行を良くします。そのため、にきびやそばかす、しみなどの肌トラブルを解消するのに向いています。

温清飲(うんせいいん)も女性向けのもので、皮膚の乾燥やかゆみ、ニキビを改善したい人に向いているでしょう。

消風散(しょうふうさん)は体が弱っている人や胃腸が弱い人、食欲不振の人には向いていません。消風散はアトピーに向いていることで有名です。分泌物を抑え体質改善をする作用を持っています。

漢方の買い方と飲み方

漢方はドラッグストアや通販で購入することも可能です。ただし、漢方の性質上、皮膚科で症状を見てもらい、医師に処方してもらう方が良いですね。健康保険が適応される場合もあります。

ただし、医師の中では漢方に否定的な人や詳しくない人もいるので、事前に確認しておくと、スムーズに漢方を受け取れるでしょう。

飲み方は、空腹時や食事の間に、一日2、3回服用するのが標準的です。漢方は腹痛や下痢、胃不快感、気分の悪さなどの副作用が出ることもありますが、深刻なものになることはないです。

また、副作用が出た場合は服用する量を減らすことも可能になっています。

参考サイト:ニキビ・肌荒れ・皮膚炎の漢方