肌荒れと精油の関係について

ひどい肌荒れお悩み情報センター

おすすめの精油と使用の際の注意点について

精油が肌荒れに作用する方法は二つあります。一つ目は呼吸によって取り込む方法で、二つ目は皮膚から血液を通して取り込む方法です。

呼吸の場合は、嗅覚が信号として脳に伝わり、記憶や自律神経、ホルモン分泌に作用、リラックスやストレス軽減のための神経科学物質を放出します。皮膚を通して血液中に入った場合、精油の成分は胃腸などの内臓組織を整えるよう働きます。

もちろん、すべての精油が同じ働きをするわけではありません。肌荒れでも、ニキビや乾燥肌などその症状にあった精油を使うことが大切です。

肌荒れにいい精油の種類

精油として有名なラベンダーは皮膚炎に効果があり、サンダルウッドという精油は固く凝り固まってしまった肌を柔らかくほぐす効果があります。カモミールには炎症やアレルギーのかゆみを抑えるといわれています。



ゼラニウムという精油は皮膚の表面に分泌される皮脂を調整し、ニキビになったり乾燥肌になったりするのを予防します。このゼラニウムは、オイリーな肌でも乾燥肌でも使うことができます。

ローズも精油として有名ですが、このローズはスキンケア、あせも、しみ、くすみ、しわ、乾燥、湿疹といったたくさんの効果を持っています。

精油を使うことに慣れてきたら、いくつかの種類を混ぜて使うといいでしょう。

精油を使うときに注意することとは?

肌荒れにきく精油を買う前に使う人の年齢と体質、加えて精油の刺激や毒について注意しなけれなりません。

まず、子供にはごく少量の精油でも十分に作用します。基本的に大人の使う10分の1以上使用することは避けるようにしましょう。

次に精油には毒性のあるものがあります。皮膚に触れてはいけないもの、飲んではいけないもの、直射日光に当たると化学反応を起こして火傷のようになったり色素沈着をおこすものです。

そのほかにも妊娠中や持病のある場合は使えない精油もあります。精油を使用する際には、事前に説明書などを読み、パッチテストで自分の肌に問題がないことを確認してから使いましょう。

また、精油の価格は2000円から10000円ほどのものが多いですが、安い精油というのは成分に化学成分が含まれていることが多いので、あまり使用は推奨されません。