肌荒れと食べ物の関係

ひどい肌荒れお悩み情報センター

肌荒れに良い食べ物とその摂取方法

はだがカサカサしたりくすんだりするといった肌荒れは、普段の食事の栄養バランスが偏っているために起こることがあります。

基本的に肌荒れにきく栄養素はビタミンやコラーゲン、イソフラボン、発酵食品などがあります。

ビタミンは多くが野菜によって補われます。コラーゲンは手羽先や魚が有名ですね。イソフラボンは豆腐やみそ汁といった大豆食品や枝豆、発酵食品は納豆やヨーグルトで摂ることができます。

肌荒れに良い食べ物の種類

肌荒れの種類によって摂取するべき食べ物の種類も変わります。

例えば、毛穴が開いてしまったり黒ずんでいる場合はビタミンB1やビタミンB2が有効です。これらのビタミンは、ピーナッツやたらこ、ごまや焼き海苔、卵などに含まれています。

肌のくすみを治したい、肌にハリを取り戻したい、というときには鉄分を取るのがいいでしょう。この場合の食べ物はひじきや魚、あさりといった海の食べ物や、小松菜、高野豆腐です。

また、かさかさの乾燥肌にはビタミンAが良いでしょう。このビタミンAが入っている食べ物は人参やかぼちゃ、ほうれん草、うなぎなどが挙げられます。

ビタミンをとるための野菜の食べ方

ビタミンを摂取する時には野菜を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、野菜を食べるときに生のまま食べるのはあまり効果がありません。できるだけ、ゆでたりいためるなど、加熱してから口にするようにしましょう。

例えば、ゆでたブロッコリーは生のレタスの約10倍ものビタミンCを含んでいるといいます。

また具体的にビタミンを含んでいる食べ物は、野菜のほかにもキウイや柿、いちごなどの果物やアセロラがあります。

もちろん、肌荒れをしているからといってビタミンのみに偏って摂取しても肌荒れは治りません。栄養バランスのとれた規則正しい食事をしましょう。

肌荒れに良くない食べ物

肌荒れというのは乱れた生活習慣から起こることが多いです。どんな食べ物でも多く取り過ぎることは肌荒れの原因となり得ます。

その中でも特にビタミンが少ないものや脂質が多すぎるものなど、含まれている栄養が偏っている食品は肌荒れを引き起こします。

肌荒れを引き起こす食べ物

肌荒れに良くない食べ物で最も身近なのはインスタントラーメンや清涼飲料といった加工食品です。加工食品にはビタミンが少なく、どうしても糖分・脂肪分を多く摂取してしまいがちになります。

スナック菓子やチョコレートも加工食品の一つです。また、脂質の多いパスタやラーメンばかり食べる食生活を改めることも、肌荒れ改善への道です。

カフェインやお酒といった飲み物にも注意が必要です。カフェインの飲み過ぎはミネラルやビタミンといった栄養素を使い、血管収縮を招きます。

お酒に含まれるアルコールは、分解されるために多くの水分を使うため、肌に水分が行かなくなり、乾燥肌になってしまうことがあります。もちろん、両方ともたしなむ程度なら気にする必要はありません。

そのほか、肌荒れがあまりにひどい時には唐辛子やわさびといった刺激物は避けるようにしてみましょう。

生野菜は肌荒れに良い?悪い?

肌荒れと食べ物に関して勘違いされがちなものに生野菜があります。生野菜のサラダなどは、ビタミンや食物繊維が多そうで、一見とても体に、ひいては肌荒れによさそうに思えますね。

しかし、実は生野菜の多いサラダは肌荒れにあまりよくありません。生野菜の多いサラダは血行低下を引き起こし肌まで栄養が行きとどかなくなることがあります。

また、生野菜よりもゆでたりいためたりして調理した方が、人間が吸収できるビタミンの量は増加するのです。もちろん、加熱すると壊れてしまうビタミンもありますが、肌荒れを考えると野菜は調理をして食べるようにしましょう。