肌荒れと病気との関係について

ひどい肌荒れお悩み情報センター

かゆみのある肌荒れは要注意!

化粧品を変えても薬を試してみてもなかなか肌荒れが治らない、というときはありませんか。実は、肌荒れの原因が内臓の病気だった、ということも珍しくないことです。

内臓、特に小腸や大腸の調子が乱れるとガスで膨張し、周囲の器官を圧迫してしまいます。そのことが新陳代謝を滞らせ、血行を悪くしてしまうことにつながるのです。

そのため、内臓を整える、ひいては食生活を見直したり、病院で内臓の疾患を治療することが肌荒れを改善することにつながるのですね。

特にかゆみがある肌荒れは内臓が関係していることが多いですよ。

肌荒れの位置と内臓疾患の関係

例えば、暴飲暴食を繰り返していたり、絶え間なくお菓子を口にするなど、胃に負担のかかることをしていると唇の周りに湿疹やじんましんが出ることがあります。

また、鼻の周りにニキビなどの吹き出物が出てきた場合には大腸の乱れを疑ってみると良いでしょう。

女性であごにニキビが出てなかなか治らない、というときには女性ホルモンの乱れが原因の場合があります。おでこのにきびや乾燥といった肌荒れは、眉毛に近ければ小腸、髪の付け根に近い部分は膀胱、額の真中あたりなら大腸の調子が乱れているかもしれません。

肝臓の疾患と頬の肌荒れ

頬の肌荒れは肝臓が原因の可能性があります。肝臓はなかなか症状が出にくく、肝臓の病気が発覚した頃には重症化しているパターンが多いです。

しかし、頬の吹き出物やしみ、そばかすが治らないことを悩み、検査をした結果、肝臓に疾患が見つかる、ということも珍しくないことです。

もし、頬のしみやにきび、そばかすがなかなか治らない場合には、過度のアルコール摂取をしていないか、多くの薬剤を服用していないか、など肝臓に負担をかけるような事をしていないか、生活を振り返ってみましょう。

肝臓の検査は採血した血液を調べるのみのとても簡単なものです。