肌荒れの時のファンデーション選びと注意点について

ひどい肌荒れお悩み情報センター

ファンデーションを使う際のポイントや注意点について

メイクに欠かせないアイテムの一つ、ファンデーション。しかし、肌荒れをしているときにはファンデーションをするかどうか迷いますね。

肌荒れをしているときにファンデーションをつけるか

ファンデーションは肌に確実に負担をかけます。そのため、肌荒れの時には厚化粧をしてはいけません

しかし、ファンデーションには汚れや紫外線、乾燥を防ぐ役割もあり、肌荒れの時には薄く化粧をするのがポイントです。

肌への刺激が少ないのはリキッド?パウダー?

肌荒れ時に使用するのはリキッドタイプよりもパウダーファンデーションが良いでしょう。リキッドタイプのファンデーションには界面活性剤や防腐剤といった成分が含まれ、肌に刺激を与えてしまうからです。

対してパウダータイプのものはそれらの成分が少なくなっています。これなら乾燥肌に使用することも可能です。

パウダーファンデーションはあくまで肌の上を軽く滑らせるように使います。何回もパウダーを重ねると毛穴が詰まってしまい肌の通気性が悪くなってしまうので、注意が必要ですよ。

肌に優しいミネラルファンデーション

普通のファンデーションよりも肌に優しいものとして、ミネラルファンデーションというものがあります。ミネラルファンデーションは天然の鉱物から作られ、パウダータイプやリキッドタイプがあります。

ちなみに、最も肌に優しいものはパウダータイプのミネラルファンデーションでしょう。このファンデーションなら毛穴をふさがないため、肌にとても優しいです。

また、化学物質由来の成分を使用していないのでやけどや手術のあとでも使用できます。またメイク落としではなく普通のせっけんで落とすことができるのも嬉しい点ですね。

欠点としては、慣れるまで使うのが難しいこととです。また、仕上がりはとてもナチュラルなので、素肌であるかのようにも見えます。

反面、濃いメイクをした人にはあまり向いていません。肌が弱く、薄めのメイクが好みの人向けのファンデーションということですね。