肌荒れと化粧品の関係について

ひどい肌荒れお悩み情報センター

化粧品による症状や対処法について

化粧を始めた途端、肌荒れをしやすくなった、という人も多いのではないでしょうか。化粧品のほとんどは化学物質でできているため、体に良くないものが多いのですね。

化粧品で肌荒れを起きる時とその症状

肌荒れが起こる場合、基本的には化粧品を使用してから1日から3日で肌荒れの症状が出てきます。しかし、肌の状態によっては突然化粧品が合わなくなることもありますし、季節の変わり目など、一時的に肌が弱っていて肌荒れが起こる場合もあります。

ただし、一時的とはいえ、肌荒れが起こった場合はすぐに使用を止めた方がいいでしょう。

症状の種類は、化粧品を肌に塗ったときに、ピリピリやヒリヒリといった痛みが出る、かゆい、化粧乗りが悪くなる、などがほとんどです。他にはれたり、ニキビができたり、極端に乾燥しやすくなることもあります。

肌荒れを引き起こす化粧品の成分

化粧品で肌荒れが起こる原因は合成界面活性剤、防腐剤、保存料、アルコールなどの成分です。なので、肌荒れを避けるためにはこれらの成分が少ないものを選ぶのがよいですね。

特に肌が弱い方は、無添加化粧品という表記の化粧品を選ぶのがいいでしょう。これにはアレルギーや皮膚障害を起こす「表示指定成分」が含まれていないため、肌荒れが起こりにくいです。

ただし、キャッチコピーのみで判断せず、基本的には成分表示を見たりトライアルを行ってみて、異常がないことを確認してから使用するようにしましょう。

化粧品で肌荒れが起こった時には?

肌荒れが起こった場合にはすぐに使用を止めましょう。肌荒れが起こっている間は極力濃いメイクはせず、洗顔はぬるま湯のみで行うという工夫が大切です。

しばらくたっても治まらない場合は皮膚科での受診をおすすめします。肌荒れを起こした化粧品については、その会社のお客様相談室などに電話し、返品が可能か確かめてみましょう。場合によっては返金してもらえることもありますよ。