肌荒れと温泉の関連性について

ひどい肌荒れお悩み情報センター

温泉に入る場合の注意点と働きについて

温泉というと肌荒れに良いイメージがあります。しかし、温泉にも種類があり、間違った種類の温泉に入ると帰って肌荒れが悪化してしまう場合があることを知っていますか?

温泉で肌荒れをしてしまう理由

具体的には、肌がかぶれたり、赤くはれたり、ひりひりと痛むことがあります。もちろん、これらの症状はすべての温泉で現れるわけではありません。

温泉によって、肌の表面を保護している角質を広範囲で取り除いてしまい、バリア機能が低下してしまうこともあるのです。また、長い間温泉に浸かっていると肌の水分が奪われ、乾燥してしまうこともあります。



温泉を比較する場合にはpH値やナトリウム、硫黄などさまざまな成分によって分けられます。その成分の量や濃さによって、美肌に効果のあるところ、皮膚病にきくところといった作用があります。このような温泉の効果の違いは、肌の弱い人は特に事前にしっかり確認しておきましょう。

例えばpH値というのは酸性とアルカリ性を示しています。酸性の温泉は殺菌作用があり、皮膚病に効果を示します。

逆にアルカリ性の温泉は汚れや脂を落とすので、毛穴の中の汚れを落とし、ニキビなどを改善することが可能です。

アトピーなどの場合に酸性の温泉に入り、ニキビを直したい場合にはアルカリ性の温泉に入るといいですね。

温泉がもたらす肌荒れに良い効果

もちろん、上手く使えば温泉は肌荒れに良い効果をもたらします。温泉の熱は、皮膚呼吸を刺激します。

また、他にも新陳代謝を促進させたり、リンパ腺の循環を促進させる働きもあります。

温泉の温度が42度以上なら神経系や循環器系を興奮・刺激し、38度以下のぬるいお湯なら神経系、循環器系を鎮静、鎮痛させる働きもあります。また、温泉は普通のお風呂に比べて湯ざめしにくいのも良い点ですね。